カテゴリー

固定ページ

2017年7月
     
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

アーカイブ

毎年かにの通販を利用している

年末年始のどこかの1日は必ずお嫁に行った私たち娘が帰るようにしています。2人姉妹の私はそれぞれ実家からは遠い場所に住んでいるので、従妹同士もなかなか会う機会がありません。全員小学生で長い休みのときしか機会がないので、年末年始の帰省は日にちを合わせるようにしています。従妹同士で遊ぶのは気も合うらしく、学年や性別が違っていてもとても仲良く遊びます。そして実家の両親も孫たちと会えるのをとても楽しみにしてくれています。そしてその全員がそろった日の夕食は数年前からかに鍋にすることにしています。そのかには両親が新聞の広告欄で見つけて通販で買っています。かには殻つきのものだと鍋に入れてもそのあと身を取り出すのに一苦労です。この通販でみつけたかには脚の部分のむき身です。それで殻をむく手間もなくて良いです。通販では冷凍で送られてきます。


フリーザーパックの中に数十本ずつ入っています。鍋をする日の朝から解凍をしておけば夜食べることには溶けています。今年は小学5年生になる姪がむき身を一本一本きれいに大きな平皿にきれに盛り付けをしてくれました。そのおかげで見た目もとても豪華でした。かに鍋の具材はいつも決まっています。まず白菜、白滝、白ネギ、シイタケ、エノキです。これらをだし醤油の入ったお湯で煮ます。沸騰して野菜類が柔らかくなったら、かにを入れます。むき身の先の部分には少し殻がついているので、そこをもってしゃぶしゃぶと数秒すればすぐに色が変わって食べられる状態になります。自分で鍋に入れることが楽しいらしく従妹たちは競争のように取り合いになってやります。十分おなか一杯これらを食べたあとは、だしがたっぷり出ているので雑炊になります。具材を全部引き上げてからご飯を入れて少し煮込んだ後、溶き卵でとじます。これもお肉を入れたときとは違うさっぱりとした味の雑炊ができます。年を取ってきた両親も肉は食べすぎると胃が持たれるけれどこちらはいくらでも食べられるといっています。かに鍋はこのように毎年の定番メニューです。一度注文をしているので、通販会社からも毎年案内が来るようになっています。


それで年末に両親がそれを見て、注文をあらかじめしてくれているので、毎年同じ通販会社から同じものを注文することになっています。住所なども登録済みなので、注文する方も楽なのだそうです。他のものも食べてみたい気持ちもしますが、家族みんなに人気なので当分はこれが続くでしょう。